2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2008.05.14 (Wed)

ジョイマン - 最近久しぶりに腹を抱えて笑った

彼女の紹介で検索してみた。

検索キーワード:「ガチャピン 返品 ラップ」

でた!「ジョイマン」というのか!

YouTubeで見てみた。おもろすぎる!
久しぶりに腹を抱えて涙を流して笑ってしまった。

あのインの踏み方、常人ではない・・・





その他の「ジョイマン」に関連する動画はこちら

※コメントを頂けると大変うれしいです。コメントはお気軽にどうぞ^-^

テーマ : お笑い芸人 ジャンル : お笑い

00:41  |  お笑い・面白いこと  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.11 (Sun)

lenovo ThinkPad X61 Tablet カーソルキー近くのブラウザキーを無効にしたい

lenovo ThinkPad X61 Tablet カーソルキー近くのブラウザキーを無効にしたい。

え?何故かって?
だって、ブログとかのフォーム入力してる時に「戻る」のキーに触れてしまうと、
入力データがすべて消えてしまうんですもの・・・

押したくないのに触れてしまうところにあるこのキーが大変うっとうしいのです。
ということで無効化したらかなり快適になりましたとさ。

●やりかた
「プログラムメニュー>ThinkVantage>キーボード カスタマイズ・ユーティリティ」を開く。
「キーの反応速度」タブを開く。
「ブラウザー・キーを有効にする」のチェックをはずす。

※コメントを頂けると大変うれしいです。コメントはお気軽にどうぞ^-^

テーマ : ノートPC ジャンル : コンピュータ

02:37  |  パソコンあれこれ  |  Trackback(0)  |  Comment(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.09 (Fri)

lenovo ThinkPad X61 Tablet ログイン画面及びロック画面で指紋認証(指紋センサー)が反応しない

lenovo ThinkPad X61 Tablet で、電源を抜いている状態(バッテリ駆動)では・・・

ログイン画面(ログオン画面)及びロック画面で
指紋認証(指紋センサー)が反応しない(利かない、機能しない)

んです!これ、僕のだけですか!?><
ログイン後の指紋登録のチュートリアルなどでは何も問題なく認証できるんですよ。

ググってみたり、指紋認証関連ツールの設定をいじったり、電源管理の設定を変更してみたり、lenovoのサポートセンターに問い合わせてみたりしましたが、未だ解決していません。

2chの「ThinkPad X series Part72」スレによると、
「ThinkPadのSystemUpdateの何か」が悪さしてるみたいなんだけど。。。

あーーーー指紋認証をいつでもストレスなく使いたい!!
どなたか対応方法をご存知でしたらご教授ください。><

※コメントを頂けると大変うれしいです。コメントはお気軽にどうぞ^-^

テーマ : トラブル ジャンル : コンピュータ

22:22  |  パソコンあれこれ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.07 (Wed)

Windows Vista 環境で TortoiseHG(Mercurial)を利用してバージョン管理とバックアップを行う (5)

この記事は「Windows Vista 環境で TortoiseHG(Mercurial)を利用してバージョン管理とバックアップを行う (4)」の続きです。

前回までの説明で Windows 環境で TortoiseHG(Mercurial)を利用した
分散バージョン管理とバックアップの手法について説明しました。

今回は、Windows 環境での Marcurial、及びTortoiseHG の利用において、
参考になるサイトを紹介しておきます。

以下に紹介するサイトは今回の記事の執筆にあたり参考にさせていただきました。
この場をもってお礼申し上げます。

Merrurial
Wikipedia - Mercurial
TortoiseHG
Mercurial の使い方のチュートリアル
藤原克則ウェブサイト - Mercurial の利用
PythonMatrixJp - Pythonで分散バージョン管理 - Mercurialの紹介
Object-Oriented & Java maneuver 別室 - Mercurialでバージョン管理
.NETプログラミング挑戦記 - [ソフトウェア] Mercurialの導入

※コメントを頂けると大変うれしいです。コメントはお気軽にどうぞ^-^

テーマ : ソフトウェア ジャンル : コンピュータ

17:02  |  パソコンあれこれ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.01 (Thu)

Windows Vista 環境で TortoiseHG(Mercurial)を利用してバージョン管理とバックアップを行う (4)

この記事は「Windows Vista 環境で TortoiseHG(Mercurial)を利用してバージョン管理とバックアップを行う (3)」の続きです。

前回までの説明で、ローカルでのバージョン管理環境は整いました。
ここからは、他のPC、またはほかのHDDなどのバックアップメディアとの同期について説明します。

●同期

▼同期先の設定
同期先が違うPCやネットワーク上の機器の場合は、共有設定を行って書き込み権限を設定しておきます。また、共有フォルダ名は半角英数で指定します。

自分は同期先のPC名を pc-sin とし、そのPCの H ドライブ(eSATA接続されたHDD)の共有名を backup-from としました。

▼クローンを作成する
同期先に、同期元のクローンを作成します。同期元のフォルダを開き右クリックより「TortoiseHG>Create Clone」を選択します。
「Source Path」に同期元のPath、「Destination Path」に同期先のPathを入力します。
同期先の指定には新しく作成するフォルダを想定してPathを入力してください。
LAN接続の環境にクローンを作成する場合は「use uncompressed transfer」にチェックします。

自分の環境の場合、Music のフォルダのクローン設定は
同期元:C:\Users\sin\Music
同期先:\\pc-sin\backup-from\!backup\sin\Music
となりました。

設定が完了したら「Clone」ボタンを押します。
同期先に指定したフォルダと、そのなかに .hg のフォルダが作成されていればOKです。

▼同期元の変更を同期先に反映する。
同期元で変更があった際は Commit を行い、ローカルのレポジトリ情報を更新します。
同期元のフォルダを開き右クリックより「TortoiseHG>Synchronize」を選択します。
Remote Path に(ボタンは押しません)同期先の Path を入力します。
「Push」ボタンを押します。

毎回 Path を入力するのは面倒なので保存しておきましょう。
「Config」ボタンを押します。
default に、同期先の Path を入力して「Apply」ボタンを押します。

▼同期先の変更を同期元に反映する
同期元のフォルダを開き右クリックより「TortoiseHG>Synchronize」を選択します。
Remote Path に(ボタンは押しません)同期先の Path を入力します。
「Pull」ボタンを押します。
この状態ではリポジトリしか更新されませんので、ファイルを更新するために、
「Update to New Tip」ボタンを押します。

▼PushしたときにMergeメッセージが表示された場合
同期先がすでに更新されています。この場合は「Pull」を押し同期先の変更を先に取り込みます。
同期元のフォルダを開き右クリックより「TortoiseHG>Merge Revisions」を選択します。
両者の違いを確認し Merge を行います。そして Commit を行います。
Commit が完了したら Push を行います。

▼同期先のローカルファイルの更新
実は、他者からPushされても、リポジトリが更新されるだけでファイルは更新されません。
リポジトリが更新されていれば問題はないのですが、リポジトリの更新内容をファイルに反映したい場合は、対象のフォルダ右クリックより「TortoiseHG>Update to Revision」を選択します。

●運用について
運用について、簡単に手順をまとめておきます。

▼バージョン管理の初期設定
・リポジトリの作成
・ファイルの追加
・変更反映(Commit)

▼同期の初期設定
・クローンの作成

▼ローカルを変更した場合
・変更反映(Commit)
・同期先へ送信(Push)

▼同期先の変更を取り込む場合
・同期先から取得(Pull)
・変更内容をローカルファイルに反映(Update to New Tip)

▼バージョン分岐によりPushできない場合
・同期先から取得(Pull)
・Merge
・変更反映(Commit)
・同期先へ送信(Push)

▼リポジトリの更新をファイルに反映
・リビジョンの更新(Update to Revision)

●まとめ
大体の説明は終了しましたがいかがでしたでしょうか。分かりにくい部分等あればご質問ください。現在まで VSS は利用していましたが、Linux や バージョン管理システム全般について詳しいわけではないので、そのあたりはご容赦ください。

引き続き、参考サイトの紹介を行います。

※コメントを頂けると大変うれしいです。コメントはお気軽にどうぞ^-^

テーマ : ソフトウェア ジャンル : コンピュータ

14:33  |  パソコンあれこれ  |  Trackback(1)  |  Comment(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.01 (Thu)

Skype バージョンアップしたようです

Skype がバージョンアップし、バージョン 3.8 になったようです。

●最新バージョンの新機能
▼音質へのこだわり
雑音が大幅に低減し、音声の遅れや通話の途切れ・切断も少なくなりました。

▼機器の切り替えも簡単
ヘッドセット、ヘッドフォン、マイクなど、設定を変更せずに切り替えることができます。

更新情報の詳細はこちらで確認できます。
Skypeブログ - Skype 3.8 for Windowsベータ公開
Skypeブログ - Skype for Windows ver. 3.8.0.96 変更ログ
Internet Watch - 「Skype 3.8 for Windows」正式版公開

既にインストールされている方は「メニュー>ヘルプ>アップデートの確認」
からアップデートが行えます。

新規にインストールする場合は「Skypeのダウンロードページ」からどうぞ!

※コメントを頂けると大変うれしいです。コメントはお気軽にどうぞ^-^

テーマ : ソフトウェア ジャンル : コンピュータ

11:31  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |